Microsoft Office の XML ファイルについて
Microsoft の Office 2003 では、保存する際にファイル形式を XML にすることは可能でした。しかし、この XML 形式はあくまでも Microsoft 独自のルールであったため、標準の XML 形式ではなく、XML ファイルを有効活用することは容易ではありませんでした。2007 Office system から大きな変更があり、レイアウトやユーザーインターフェイスだけではなく、ファイルフォーマットが XML 形式となり、標準の拡張子が「.xls」から「.xlsx」となりました。これは、Excel だけではなく、Word や PowerPoint にも適用され、それぞれ拡張子は「.docx」「.pptx」と最後に "x" が付くようになりました。更に、ECMA 標準としても認定されていることにより、各 Office ファイルのデータは標準の XML データとなり、Office のライセンスがなくともメモ帳などでデータの中身を見ることが可能です。

【Office 2003 の場合】
ファイル保存時に、通常の「.xls」から「.xml」へすることにより、XML 形式のファイルで保存することが可能。しかし、Microsoft 独自の XML 形式であるために、Office 製品内以外へのデータ変換や再利用は困難。
■XML 形式で保存できる Office 2003 対象製品
Word , Excel , Access(Professional Edition 以上)


【Office 2007 の場合】
ファイル保存形式が通常で XML 形式となっている。更に、ECMA 標準の「OOXML(Office Open XML)」として認定されていることにより、OS やアプリケーションに依存せず、容易にデータの変換や再利用が可能。
■XML 形式で保存できる Office 2007 対象製品
Word , Excel , PowerPoint


Pluxis は、これら Microsoft Office(Office 2007 及び 2003 の Excel , Word)のアドインとして基本動作をします。これにより、日々使い慣れた Office 製品でデータ入力・作成をし、データの変換や連携については Pluxis がユーザーインターフェイスをベースとした容易な操作で実行することができます。