Pluxis とは、
MS-Office を入力フロントエンドに、効率よく、的確に 「欲しいデータを欲しい形」で集め、複数のデータ形式への変換を 実現するツールです。

【1】 操作メニューを Excel のメニューとして表示

・Pluxis の OfficeViewPlug-in 機能により操作メニューはそのまま Excel / Word に表示されます。

【2】 既存の定型フォーム、計算式、マクロなどはそのまま利用可能 

・すでに業務お使いのフォーム(社内申請書、売り上げなどのデータ集計、仕様書など)はそのままご利用いただけます。

【3】 データ手入力後は実行ボタンを押すだけで指定したアクションを Pluxis が遂行

 

・データ入力者はいつものように Excel / Word でデータ編集を行い、最後に Pluxis の実行ボタンを押すだけです。 

・あとは管理者により設定されたアクション(ファイル変換、ファイル入出力、DB 連携、メールサーバ連携)を Pluxis が遂行します。 

・さらに、簡易表示モード(Office 2007 のみ)によりメニューもスッキリで PC 操作初心者も安心です。

【4】 変換プロセスへの Excel の組込を容易に実現

・たとえば以下のような変換プロセスもデータ管理者の思いのまま。


いつもの Excel ファイルを開く 『ユーザ』

DB から決められたデータをインポートメニューにより読み込み実行『Pluxis』

項目(セル)のデータを修正し出力実行ボタンを押下『ユーザ』

決められたデータ構造(XML スキーマ)との整合性チェック 『Pluxis』

任意のテキスト形式(CSV、XML)に変換 『Pluxis』

同時に DB にアップデート 『Pluxis』

さらにメールサーバにデータファイルを送付『Pluxis』

【5】 データ構造や変換ルールは外部に定義され、自由自在に切り替え可能


・Pluxis は Office のファイルとは別でデータ構造ファイル(XML スキーマ)や変換ファイル(XSLT)を管理しています。

・これによりファイルのバージョンと付属するマクロの管理 などのような煩わしさから解放され、フォーム管理の運用コストを削減できます。

・ビュー(Excel / Word)とロジック (構造、変換)を切り離すことで、同じビューに対して複数のロジックを切り替えることも可能になります。

・Pluxis はマクロ実行環境ではないので、セキュリティ面でも安心です。

【6】 DB やメールサーバなどのコネクション定義も GUI で簡単設定 


 

・各種プロパティエディタで設定操作がおこなえます。

【7】 ランタイムとして変換エンジンを利用可能

・ MS-Office を起動していなくても決められたプロセスの実行が可能です。

*文中の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。